役立つ優良サイト

クレジットカード現金化の利息は把握できていますか?

クレジットカードでお金を工面するというと、クレジットカードについているおまけのようなキャッシング機能のことを思い浮かべる人が多いと思いますが、ここでいうクレジットカード現金化は、クレジットカードキャッシングというのはそれよりもかなり本格的なものです。何せクレジットカードの利用枠全部を使って現金に換えてしまうのですから、カードに設定されている限度枠によってはかなりの額の現金を手にすることができます。クレジットカード現金化優良店を利用すれば利用している本人にとっては消費者金融と変わらない本格的な金融サービスということになるわけですが、そうなると気になるのが金利と利息です。
消費者金融の場合は各金融会社がそれぞれ利率を設定しているので、借りた金額にその利率を掛ければすぐに利息の金額が分かります。しかしクレジットカード現金化の場合は現金化業者とカード会社が関係してくるので分かりにくく、どうしても利息の計算が億劫になってしまいます。これはクレジットカード現金化優良店であっても、事情は変わりません。しかし消費者金融であってもクレジットカード現金化であっても、最終的に利息をいくら支払うのかということを知らずに利用するのは、どんぶり勘定でとても危険です。支払い利息を知らずに返済計画を立てられるはずもないからです。

 

カード分割払手数料から利息をシミュレーション

それではクレジットカード現金化における利息の計算方法を解説しましょう。なおクレジットカード現金化には金利という概念がないので厳密には利息というのはおかしいのですが、ここでは事実上の利息を利息として表記します。ほとんどの利用者は金策としてクレジットカード現金化を利用するので、支払い方法は分割やリボ払いになるはずです。その場合、カード会社が設定している分割手数料が必要になるので、これが利息に相当するコストとなります。
多くのカード会社では3回払いよりも回数が多くなると手数料が発生し、12%台から最大で15%となっています。それでは仮に15%の分割払手数料で18回(3年)払い、50万円を利用したとしましょう。
カード会社は「100円あたりの分割手数料」と表記しますが、15%で18回払いだと12.24円となります。これは100円あたりの金額なので50万円分に換算すると
12.24円×5000=61200円
となります。50万円をクレジットカード現金化で工面して完済するまでの利息はおよそ6万1200円という計算です。
実際に利用を検討している人は、消費者金融の金利と比較してみて現金化利用を検討してみるとよいでしょう。